ホーム サイトマップ
メンバーサイト 書店・旅行社・学校の皆様へ お問い合わせ
今月のKYOTO 京都のりもの案内 図書案内 リンク集 会社案内 Q&A
  HOME » 図書案内 » 続・戦国おもしろばなし 百話 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
■近刊・新刊書籍オンデマンド出版 (2)
電子書籍 (19)
書店用図書-> (198)
修学旅行教材-> (62)
新着商品 全商品表示
武田家三代年表帖 下巻 勝頼と真田一族の顛末
武田家三代年表帖 下巻 勝頼と真田一族の顛末
1,620円
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
インフォメーション
配送と返品について
プライバシーについて
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
続・戦国おもしろばなし 百話 1,620円

新選組記念館青木繁男
調べ・知り・聞いた秘話を語る!
続・戦国おもしろばなし 百話





立ち読み立ち読みはこちら


ISBN-13: 978-4897044132
A5版 232ページ 定価 本体1500円+税

好評「戦国おもしろばなし」の第二弾「続・戦国おもしろばなし」です。

戦国は、知れば知るほど、調べれば調べるほど、おもしろい。
今回の「続・戦国おもしろばなし」は、「戦国武将」、「戦国の女たち」、「戦国期の剣豪」、「戦国・江戸期の忍者、幻術師たち」、「戦国逸話」、
「戦国期の海外との関わり」、「戦国史を訪ねる旅」と分けての数々の話を取り上げました。
室町幕府の衰退にとり、中央集権が次第に薄れ、それに伴って各地で群雄が割拠した
時代が戦国時代です。その中でもあまり知られていない、言えばマイナーな「おもしろばなし」を、江戸期を含め取り上げました。

教科書には載っていない裏話やエピソードなど、とっておきの100話で紹介!


目次
■戦国武将
1 謎の男、乱世の風雲児、北条早雲の出身地はどこか
2 越後戦国時代の幕開けの戦い“武将と神社"
3 高知奈半利城主の話・桑名丹後守とその一族
4 京の文化にのめり込み滅んだ大内義隆
5 陣中で「饅頭」を売り、名器の茶釜と自爆した武将がいた
6 戦国武将にちょっと例のない道雪のふるまい―義に殉じた九州男児の野望
7 森一族(森可成、森可成・長可)
8 浅井長政「信長を討ちとる好機があった」―父・久政「信長暗殺の話を排す」
9 山中鹿之助の家来への手紙「何れなりともご奉公あるべく候」
10 大友家随一の武功なれど、岩屋城で壮絶に散った高橋紹運
11 細川藤孝(幽斎)とは?
12 豊臣秀吉(秀吉は少年時代、なぜ浜松に行ったのか 秀吉軍が珍しく敗れた、「小牧・長久手の戦い」)
13 名宰相とうたわれ佐賀藩の礎を作った鍋島直茂
14 長宗我部元親と浦戸城
15 黒衣の予見者、安国寺恵瓊
16 海賊衆から“水軍大将"に大出世
17 矢作川に映す三河武士の魂
18 徳川家康(家康の手紙“今も通用する育児法" 家康ヘの宇宙からの使者)
19 家康の三河時代、東家老の酒井忠次
20 家康三河時代、西の家老石川数正―秀吉に引き抜かれた家老
21 大久保長安 金山師がたった一度戦功をたてた
22 山内氏入封と浦戸一揆
23 風流武士、前田慶次とはどんな男であったか
24 保身の天才「田中吉政」―その勘は“秀次事件"でも通り抜けた
25 小粒ながら戦国武将の意地を見せた肥前の癇馬、筑紫広門
26 信長を助け、サーファーの様に「波」を乗りきり生き残った、零細大名「朽木氏」
27 フロイスが描く「山崎合戦の高山右近」と戦いの有り様
28 豊臣秀吉の時代から江戸期迄、同じ領国で続いた珍しい亀井家
29 塙団右衛門の首を取った、1万石取りの茶坊主の話―上田宗箇
30 有馬・大村同盟の上に乱世を乗り切った、有馬晴信
31 地の利を生かし貿易立国を戦略化―宗義智
32 大坂方武将、大野治長
33 春日局、おふくの夫“稲葉正成"の話
34 (江戸期の大名)「本多正純」居ない間に取りつぶし
35 (江戸期の大名)江戸時代、唯一人の女大名―八戸南部氏の清心尼
36 (江戸期の大名)肥後熊本藩第二代藩主・加藤忠広、改易の謎
37 (江戸期の大名)異色大名小伝・松平定政―乞食になった殿様―乞食姿で政道批判した大名が居た
■戦国の女たち
38 龍造寺領国形成の核となった―龍造寺隆信の母・慶(鍋島清房の女房)
39 織田信長にだまされ処刑された、女城主・おつやの方
40 悲劇の主人公、築山御前とはどんな人だったのか?
41 立花道雪の娘―立花訐藺 養子だった夫立花宗茂と不仲であったという道雪の一人娘、男勝りの訐藺緝韻糧畄燹
42 立山の黒百合の花となり、うらみます
43 秀頼出生の謎、正室と側室の確執(豊臣秀頼は石田三成の子だったのか? 秀吉も知らなかった淀殿の寝室 豊臣を滅ぼした淀殿・秀頼の甘い読み)
44 長宗我部に“小少将"という美貌の女城主が居た
45 細川ガラシャの“愛と信仰"
46 春日局“おふく"の就職活動、旧夫の就職活動
47 春日局物語(江戸期)(“おふく"の敵は“おごう"にあらず、「国松の乳母」であった おふくの家康への直訴の本当、ウソ)
■戦国期の剣豪
48 塚原卜伝(剣聖・塚原卜伝は、愛妻家であった 卜伝の高名は、剣法より製鉄の知恵だった)
49 上泉信綱(上泉信綱の強さ 戦国期、どうして「新陰流」は全国に広がったのか 卜伝と上泉伊勢守は師弟関係にあった)
50 宝蔵院流槍術の創始者、胤栄の謎
51 九州全土を制した「タイ捨流」―一刀入魂の「袈裟斬り」に生死を賭す
52 上田城攻めの七本槍の小野忠明は、首を取らなかった
53 斎藤伝鬼房(天流剣の祖―天狗にあやかって流儀を唱えた斎藤伝鬼房の謎 天流、伝鬼房の死)
54 1万3千石の剣豪、富田越後守重政
55 戦国期六人を相手にして勝った―林田左門
56 関ヶ原の戦い時に、九州で参戦した頃からの宮本武蔵
57 (江戸期)剣豪大名・柳生宗矩は、何故沢庵と結託したか
■戦国・江戸期の忍者、幻術師たち
58 戦国武将を手玉に取る、果心居士
59 聖域に踏み込んだ男の非道―武田勝頼
60 スパイはしても、スパイは国に入れるな!
61 軍配者を育成する、足利学校とは
62 風魔一族(乱世戦国・陰の軍団、「鉢屋の一党と、風魔一族」―「尼子の月山城攻め」 乱破風魔一族のゲリラ戦法)
63 無駄足だった島原の乱に従軍の忍者たち
■戦国逸話
64 戦国武士はどうして“氏"を決めたのか
65 京の戦乱で活躍した足軽衆と上京の文化衆団
66 土一揆も「下剋上」の一つであった
67 戦国ハイテク集団、穴太衆
68 太田道灌が最後に発した一言
69 「あの男の門前に馬をつなぐ」、斎藤道三の予言
70 鉄砲の伝来(鉄砲伝来と鉄炮記―国産化にどれほどかかったか? 日本最初の砲術祖、津田監物)
71 今「大飯原発」で物議している所に、戦国期“若狭水軍"がいた?
72 千塚八幡神社と武田父子、信虎と晴信(後の信玄)
73 矢櫃峠、戦国の乱戦後、亡霊の祟りが
74 青田刈りと塩止め・どちらも困った武将
75 八幡神信仰と亀岡篠村八幡の尊氏と光秀
76 明智の武将が生き残り、淀青果となった京都に武将の子孫が居た
77 本邦初の艦砲射撃、火を吹く南蛮砲、押し渉る毛利水軍
78 秀吉の中国攻め―「背水の陣」、これには秀吉も軍を帰した
79 謎に包まれた幸村の首塚と西尾久作
80 (江戸期)宇和島伊達家の忠臣の怨霊
81 (江戸期)鍋島の化け猫騒動
■戦国期の海外との関わり
82 「さんふらん四すこ 四やひえる」とは誰の事!
83 ラシャの軍装は、ポルトガルからの贈り物
84 眼鏡を最初に使った日本人は誰か
85 「日本人論」第一号に書かれた“日本人の長所と短所"―戦国期の日本人の姿
86 バテレンから軍事援助を受けた有馬鎮純(のちの晴信)
87 天正遣欧少年使節団が、ローマに着くのに、どれくらいかかったか
88 戦国期、日本に初めて、活字印刷を持ち込んだのは、天正少年使節だった
89 日本国産第一号、洋式帆船は“80トン"だった
90 南蛮貿易で日本語になった外国語
91 (江戸期)朝鮮使節を百万両で歓待した幕府
92 (江戸期)お雇い外国人、第一号の三浦按針こと、ウイリアム・アダムス
93 (江戸期)戦国から鎖国へ動く時、「日本恋しや」―ジャガタラお春が残した、唯一の筆跡
94 (江戸期)鎖国が生んだ、漂流者の艱難辛苦
■戦国史を訪ねる旅
95 その1 三方ヶ原古戦場と浜松城を訪ねる
96 その2 一乗谷朝倉氏遺跡
97 その3 長島一向一揆を旅する
98 その4 尼子氏の富田城への旅
99 その5 上月城と備中高松城への旅
100 その6 雑賀衆・根来衆を歩く

ホームに戻る



この商品は 2017年2月21日 火曜日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
E-Mailでお知らせ 全商品表示
お知らせの設定続・戦国おもしろばなし 百話の最新情報を知らせて!
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする

Copyright © 2003 osCommerce
Powered by osCommerce