ホーム サイトマップ
メンバーサイト 書店・旅行社・学校の皆様へ お問い合わせ
今月のKYOTO 京都のりもの案内 図書案内 リンク集 会社案内 Q&A
  HOME » 図書案内 » 書店用図書 » 全て » 王昌齢詩全訳注 3訂版 アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
■近刊・新刊書籍オンデマンド出版 (2)
電子書籍 (18)
書店用図書-> (210)
  漢詩 (2)
  京都史跡めぐり地図 (4)
  京都市埋蔵文化財研究所 関連図書 (6)
  新選組記念館 青木繁男シリーズ (10)
  全て (27)
  鳥越一朗シリーズ (18)
  日本歴史年表帖 (15)
  京都ガイド本 (30)
  京都バラエティ本 (27)
  京都歴史本 (45)
  奈良ガイド本 (3)
  東京ガイド本 (4)
  バイリンガル図書 (6)
  大阪・神戸ガイド本 (1)
  沖縄ガイド本 (1)
  ハウツー本 (3)
  「朝の読書」おすすめ本 (8)
修学旅行教材-> (59)
新着商品 全商品表示
明治150年その歩みを知る、つなぐ(中編)
明治150年その歩みを知る、つなぐ(中編)
1,944円
商品検索
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
インフォメーション
配送と返品について
プライバシーについて
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
王昌齢詩全訳注 3訂版 756円

※電子書籍のみの販売となります。このページは本の紹介のみです。
 ご注文は以下の電子書籍販売サイトよりお願いします。

KINDLE版はこちら



本書は日本で初めての王昌齢詩全訳注です。
盛唐期を代表する詩人の一人、王昌齢は李白と並び称される七言絶句の名手でした。更に彼は他の詩人と異なり、作詩、作文のための文学理論書の著述が有り、その著書「詩格」を日本に始めて持ち帰ったのが弘法大師空海です。空海の「文鏡秘府論」は王昌齢の詩格を参考にした所が多々あります。このように日本人と王昌齢の付き合いは長く、文学理論書のみならず彼の漢詩は日本人に読み継がれてきました。日本人の千年以上にも続く王昌齢詩鑑賞の歴史の中で、本書が初めての全訳注です。
では、高校の教科書にも掲載されている、王昌齢の七絶で最も人口に膾炙した「芙蓉楼(ふようろう)にて辛漸(しんぜん)を送る」の二首のうちの一首を本書から抜粋して紹介します。

寒雨連天夜入呉 寒(かん)雨(う) 江に連(つらな)りて 夜(よる)呉に入る
平明送客楚山孤 平明 客を送れば 楚山孤なり
洛陽親友如相問 洛陽の親友 如(も)し相い問わば
一片冰心在玉壺 一片の冰心(ひょうしん) 玉(ぎょく)壺(こ)に在りと

寒々とした雨が長江に沿って降り、その雨と共に私は呉の国に入った。明け方に旅立つ君を見送れば、楚の山がポツンと聳(そび)えている。洛陽の身内の者や友だちに私のことを尋ねられたら、「彼は氷のような清く澄んだ心が、玉壺の中に今もキラキラ輝いている」と答えてくれたまえ。

七言絶句。押韻は「呉・孤・壺」の上平声七虞。○芙蓉楼 潤州城西北の角に在り長江に臨んでいた。現在の江蘇省鎮江県。○辛漸 未詳。○親友 親戚と朋友。○相 互いにではなく、受け身を意味する。○冰心 氷のように清らかな心。○玉壺 高潔な気持ち、度量の喩え。
全訳注という作業は苦しく困難を伴います。必ず理解できない詩が幾つも有り、また面白くない詩も多々あります。だから多くの研究者は敬遠してきました。日本の中国文学、中国学は世界のトップレベルであり、その歴史も長いにも関わらず、李白や杜甫でさえ、その全ての詩の訳注はありません。まして漢詩が最高に開花した盛唐期の詩人たちの詩にいたっては皆無状態です。本書はそんな日本の状況の中で書かれた日本初の王昌齢詩全訳注です。

ホームに戻る



この商品は 2015年8月10日 月曜日 にカタログに登録されました。

レビューを読む

ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
E-Mailでお知らせ 全商品表示
お知らせの設定王昌齢詩全訳注 3訂版の最新情報を知らせて!
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする

Copyright © 2003 osCommerce
Powered by osCommerce